xR(AR VR MR)

mainXR.jpg

xR(エックスアール)とは
AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)などの一連の3D技術

AR(拡張現実)

ARとはAugmented Realityの略で一般的には「拡張現実」と呼ばれています。
現実に存在している風景に人工的に作成したバーチャルの視覚情報を重ねて表示する事で、
目の前にある世界を“仮想的に拡張する”というものです。
エンターテイメント分野での活用が進み、近年はスマホゲームでの認知度が向上しております。
ARは開発環境も整っており比較的簡単に様々なコンテンツを生み出すことが可能です。 今後はゲーム以外の分野で日常生活の利便性を向上させる取り組みなど幅広い活用が期待されております。
アイデア次第で新しいビジネスを生み出すことも可能です。

VR(仮想現実)

VRとはVirtual Realityの略で一般的には「仮想現実」と呼ばれています。
VRではヘッドマウントディスプレイという視界を覆うゴーグル型デバイスを装着することで、
現実に存在している世界とは別のヴァーチャル世界に没入したように見せる技術のことを指します。

ARが現実世界を視界のベースにしてデジタルデータを表示するのに対して、
VRではバーチャル世界が視界のベースになります。

VR(仮想現実) 制作事例

介護施設の1日をVRで体感

介護の現場を広く知っていただくために実際の施設を3D360度カメラで撮影。
施設で働く職員の動きがよく分かります。

xr_2.jpg

MR(複合現実)

MRとはMixed Realityの略で一般的には「複合現実」と呼ばれています。
ヴァーチャルの世界と現実の世界を組み合わせた世界となります。
専用のデバイスを使用してVRとARの世界をさらに進化させたものといえます。

3DCGなどで作られた仮想世界や物体を現実世界に投影し、カメラやセンサーなどを駆使して、
投影された仮想物体などに近づいたり、触れたりといった操作を行うことができます。

投影された仮想情報を他のMRユーザーと共有する事も可能となっています。

xR(AR/MR/VR)の活用が期待される領域

xr_2.jpg

xR(AR/MR/VR)技術は5GやIoTとの組み合わせで世界が変わる

xR技術はまだまだ発展途上ですが、一般社会への普及に向けた準備は着々と進んでいます。
2020年には日本で5Gという新たな通信システムのリリースが予定されています。

5G回線が導入されると、これまでよりもさらに高速な通信が可能になると予測されております。
通信の高速化によりxRのデータの解像度がより精密にリアルに表示され、
描画も高速になるため現実社会とより融合した空間の演出が可能になります。

5Gによる通信の高速化とxRの活用によって、働き方や生活に多様な変化が発生すると予測されております。